MWSプレパラート



自 然 が 作 っ た ミ ク ロ の 彫 刻
教育用珪藻プレパラート


教育用珪藻プレパラートは,作業工程を大幅に簡略化してコストダウンを徹底したシリーズです。光学的な品質はリサーチグレードと同等です。一枚あたり千円を切る価格で美しい珪藻プレパラート(珪藻スライド)が入手できます。小中学校の教材に,大学の実習用教材に,同好会や趣味の検鏡に,幅広くご活用下さい。






リサーチグレードとの違いは次の各点です。

○ 拭き作業などを大幅に省略しています
○ 珪藻を濃密にマウントしています(E-M1を除く)
○ 大型種が多く乾燥系で十分に観察可能です
○ 学校教育用の顕微鏡で美しい珪藻がみられます
○ もちろん油浸検鏡も可能です

ご注文方法はこちら





【教育用プレパラートセット】 

4,100円/5枚組一セット
 

【E-FM1】【E-M1】【E-R1】【E-R2】【E-P1】の5枚セットです。化石(海産),海,河川,沼の試料をバランスよく含んだ試料です。5枚組で割引となっています。同一品を多数注文の場合は別途お問い合わせください。




E-FM1  900円/枚


ps

東北地方(日本海側)に産出する珪藻化石を純化したものです。おそらくは1000万年以上前の化石で,まだ人類が誕生していないころに,海に降り積もった珪藻です。珪藻のほかに海綿骨針や放散虫も含まれることが多く,覗いていて楽しい試料です。大型種が多く,10倍対物レンズでの観察でも十分に珪藻が判別できますので,小学校でもまったく問題なく利用可能です。

E-FM1  900円/枚





E-M2  900円/枚


ps

ps

海の付着珪藻のうち,大型種を集めたものです。以前供給していたE-M1と同等品です。クモノスケイソウ(Arachnoidiscus)を含み,その精密な美しさが人を感動させずにはおかないプレパラートです。低倍率でも美しい姿が観察でき,高倍率では精密な美しさにため息が出ることでしょう。本物の美しさは画像では表現し切れません。ぜひ多くの方に覗いていただきたいプレパラートです。

E-M1  900円/枚





E-R1  900円/枚


ps

きれいな河川に多いシネドラという珪藻を大量に含むプレパラートです。濃密にマウントしてありますので,どこをみても珪藻が見えますから,先生がピントの合わせ方を指導して回るだけで子どもたちが珪藻を観察できます。どこにでもいる普通種なので,「河川の石ころが茶色い理由」などを教えてあげるのにも最適でしょう。小学校でもまったく問題なく利用可能です。

E-R1  900円/枚





E-R2  900円/枚


ps

河川のよどみなどに茶色いふわふわとした汚れのようなものを見た方も多いでしょう。あれはメロシラ・バリアンスという珪藻の集まりですが,それを濃密にマウントしたのがこのプレパラートです。きわめて濃くマウントしてありますので,必要な作業はピント合わせだけです。視野がにぎやかで楽しいプレパラートです。この珪藻は茶筒のような格好をしているので,珪藻が,ガラスが茶筒のように組み合わさってできていることを示すのに好適なスライドです。小学校でもまったく問題なく利用可能です。

E-R2  900円/枚





E-P1  900円/枚


ps

沼にいる珪藻をマウントしたものです。リサーチグレードのBKK-02と同等品です。河川試料を検鏡した後に,この沼の試料を検鏡すれば,生息環境によってまったく形態の異なる珪藻が生息していることを理解してもらうことができます。多様性の理解に好適です。大きな種から小さい種まで含まれますので,非常に小さな珪藻がいることを示す材料としても良いと思います。

E-P1  900円/枚





珪藻プレパラート製作キット D-KIT


ps

【背景】

珪藻プレパラートの製作には,封入剤,スライドグラス,カバーグラスなど,各種の顕微鏡用品が必要です。数枚〜十数枚程度のプレパラートを作成するためにこれらの器具や試薬を揃えるのは不経済で,無駄が多いという考え方もあります。ちょっとで良いから試しに珪藻プレパラートを作ってみたい,という方々もおられると思います。小分けの封入剤や資材を提供できれば良いのですが,薬品類の再販は許認可が必要で煩雑さを避けられません。そこで,珪藻用の封入剤(Pleurax)を塗布したスライドグラスと新品のカバーグラスをセットにして,『珪藻プレパラート製作キット』として配布いたします。一枚あたり約400円で永久プレパラートが製作できます。

【キット内容】

・スライドグラス(封入剤塗布済み) 5枚
・カバーグラス 5枚
・ラベル用紙 5枚分

【使用方法】

作業は換気のよいところで,作業者が風上に位置して行います。カバーグラスに珪藻を含む溶液(エタノールまたは蒸留水)を落とします。溶媒を蒸発させて珪藻を完全に乾燥させます。次にスライドグラスの封入剤塗布面に,珪藻を含む面を向けたカバーグラスをそっと降ろします。封入剤は半乾燥状態なので,ホットプレートや,ミニバーナーなどでスライドグラスを温めると封入剤がカバーグラス全体に広がります。さらに加熱するとやや発泡しますので,ゆるやかに発泡する程度を維持し(数十秒),自然放冷すると気泡が抜けます。これで完成です。詳しい使用方法や,応用的な使い方はメールでサポートいたします。

D-KIT  1,900円






さらに開発中です。ご期待下さい。






トップに戻る